スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動

自分自身の基礎体温を知っていますか?

いきなりの質問ですみません(笑)

私の基礎体温は現在、36.5度です。

1年くらい前は36.0度前後でした。

これから、私が実践している健康法の運動について書いていきたいと思います。

さて、なぜ基礎体温の話から始めたかというと、病気や不調は筋力の衰えによる

「冷え」

が原因だったという説があるからです。

ここで前置きしておきますが、絶対効く!とか絶対治る!とは断言しません。私は物事には絶対はないと思っていますし、人の体も千差万別。合う合わないがあるはずです。

そういった点を踏まえながら参考にしていただければ幸いです^^

私が参考にしているのですが、



という本があります。

コンビニでも購入出来ると思うので、立ち読みして気にいったら参考にしてみてください(笑)

かつて日本人の平熱は36.5度前後で、著者のクリニックに来る患者で36.2度以上の体温の方が、ほとんどいないそうです。

冷えはさまざまな体調不良の原因となり、体温が1度下がると人間の免疫力は30%以上低下し、メタボリックシンドロームや生活習慣病にも悪影響を与えるとのことです。

筆者は「がん」と低体温の関係についても疑問を持ち、35度でがん細胞がもっとも増殖することから、基礎体温を上げる大切さを語っています。

基礎体温を上げる為には、「下半身の筋力強化」と「体を温める食事」が大切だともいっています。

健康のブログランキングで「冷えとり」についてのブログも多くありますが、基礎体温を上げ病気に対する免疫力を高めるという点で、方法は若干違いますが、目指すところは同じという訳です。

私はこの本を参考にしながら運動も行い、血液の流れを良くするマッサージも行っています。

次回は、私が行っている簡単に出来る運動についてお話する予定です。




応援ありがとうございます^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

笑う

「笑う」という行動は、簡単でもあり難しいものであると私は思います。

前回の記事では、いつでも大笑いしている私を想像されたかもしれませんが、全然違います(笑)

病状が悪化していた頃は、元気もなく仕事も辞めたいくらいの軽い鬱状態でしたので、とても腹の底から笑える状況ではありませんでした。

実際多くの方々が、つらいことや悲しいことで、笑うことが出来ないかもしれません。

私の病状が一番ひどい頃、藁にもすがる思いで、”とにかく作り笑いでもいいから大声をだして笑ってみよう!”
と帰宅途中の車の運転中に、大声で作り笑いをしました。

1か月程試しましたが、残念ながら効果はありませんでした。

心の底からの喜び、楽しみ、うれしいといった感情から出る「笑う」には、とてもかないませんでした。

健康には、自分自身の体調、感情、体力といったすべてのバランス調整が必要だと考えます。

ですので、作り笑いだけでは効果が薄かったのかもしれません。

ただ、大きな声を出すことはストレス発散になるようで、作り笑いでも元気は出るようになりました。

もし、「笑う」余裕がない方は、大きな声で作り笑いをしてみたり、大声で歌ってみたりしてみてください。

お腹が良く動いて、内臓が鍛えられていることがわかるはずです^^

内臓を鍛えることで、アレルギー症状を緩和出来ることもあるそうです。

多くの方々が「心の底から笑う」ことが出来れば、きっと平和な世界になると思うんですけど^^




応援ありがとうございます^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康

今日、私の同僚でもあり友人が退職しました。

学年も同じで、5,6年の付き合いでしたが ”昔からのツレ” のような、本音でぶつかりあえる仲でした。

今、私が健康で元気に過ごせていることも、”彼のおかげ” と断言出来るほど、私は救われたのです。

ここで、ブログテーマである

「病院要らず!!元気で健康な毎日を」

のタイトルについて書いていきます。

あくまで個人的に調査し、努力し出した結果ですので、私と同じような効果が得られない方もいるはずですが、御自身の判断で、参考にしてください^^

私の健康法

笑う

運動する

肉、油を控え、野菜中心の食事

です^^

シンプルですが、ふと、思い出してみてください。長寿の方々の仰っている言葉に必ず、

笑う

という言葉が出ることを。

私は去年の震災後、体調を崩しました。その一昨年も体調を崩し、メニュエール病のような、めまいに襲われる日々を過ごしていました。

震災のニュースを見ると、心が痛くなる被災者の方々や、放射能汚染のストレス。その頃の私生活も乱れていて、暴飲暴食、睡眠不足といった、いつ病気になってもおかしくない状態であり、当然のごとく体調不良になっていきました。

今、振り返ってみれば、仕事のストレスがきつく、逃げ場のない状況に追い込まれていたと思います。その間は、気心の知れた友人も長期療養中で、ますますストレスのはけ口がない状態になっていきました。

去年の4月頃から突然、アトピー性皮膚炎が再発し、両足太ももの内側にジュクジュクの湿疹ができ、歩くことも困難になる事態となりました。

想像してみてください、引っ掻き傷の血まみれの皮膚を、ガリガリ掻き毟る姿を。

アトピー性皮膚炎の症状をお持ちの方は、良く分かると思います。

それほど、アトピーの症状がひどい方は、日常生活に支障が出るほどの苦痛を味わっているのです。

今回は、具体的な対応策は長くなってしまうので、省略します^^

結論から言えば、4月から始まったアトピーとの奮闘は、病院にかかり治りました(笑)

ステロイドは使用しない!!という自己判断の対応策で、約7か月闘いましたが敗れ、病院に行くことで、2か月程度できれいな体になりました^^

ステロイドの使用を止めて約10年、その間はまったく元気な状態でしたが、さまざまな環境やストレスによって、

「アレルギーはいつでもぶり返す!!」

のです。

「笑う」

についてですが、通院し薬をもらっても、なかなか症状が出たり治ったりといったはっきりしない状態でしたが、このブログを書き始めの頃に書いた、サッカーをやるようになり、汗をかき、大声で腹の底から笑うようになった辺りから、劇的に元気になっていきました^^

もし、笑うだけで健康になれるわけがない!とおっしゃりたい方は、それでも構いませんし、医学的根拠を知りたいのであれば、ご自身で調べ、結論を出してください^^

元気をくれるきっかけを作ってくれた友人。

どれほど私の力になってくれたか、恥ずかしくて感謝を口に表せませんが、きっとこのブログを見てくれているでしょう(笑)

ありがとうございました^^


みなさん。最近、腹の底から大声で笑っていますか?



応援ありがとうございます^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

野菜中心の食生活

ぽっこりお腹が気になり始めた去年頃から、食生活を肉食中心から野菜中心の食事へと変えました。

完全なベジタリアンというわけでもなく、週に1、2度は肉も取るようにしながらの野菜生活です。

ご飯と野菜2人前を食べるようにしていたら、ぽっこりお腹は中々引込みませんが、体重は少しずつ減少していきました。

日本人は元々菜食生活だったのが、欧米文化の影響で肉食中心に変化してきています。

アレルギーや血液関係等、現代病を防ぐためにも野菜中心の生活を検討することもいいのではないでしょうか。

野菜だけでも十分お腹は一杯になりますし^^


応援おねがいします!!

人気ブログランキングへ

階段

運動不足を解消する為に、仕事中の空いた時間で階段登り降りをしています。

3階建てくらいだと10往復、5回建てだと7往復といった感じで、無理せず行うようにしています。

病気になる原因の一つに筋肉の衰えがあるようで、特に足腰が弱ってくると、体温が下がり免疫力が下がったりしやすいとのことです。

散歩もいいですが、帰宅後外出するのも面倒なので、仕事中に行うようにしています(笑)



応援おねがいします!!

人気ブログランキングへ
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。