スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガと太極拳

今回のタイトルの、

「ヨガ」



「太極拳」

私は、2つを同時に1か月程度試したことがあります。

なぜ??

去年の4月くらいから、10年ぶりくらいにアトピーが再発し、6月くらいに歩くことが嫌になる程の症状の悪化に悩まされたからです。

食事、水、運動、食べ方(50回以上噛む)、入浴方法等を全て実践しながらの療養でしたが、病状は改善どころか悪化する一方でした。

ネットでいろいろ調べ、ヨガや太極拳がアトピーに良い!という事を知り、その2つを始めたわけです。

結論から言いますが、残念なことに短期間での病状の改善には役立ちませんでした。

ヨガと太極拳は、1か月程度ではあまり効果が無く3年程度の継続により、体質が改善し、症状が出にくくなるという情報も知ることが出来ました。

私が感じた、ヨガと太極拳の共通点は、

「呼吸」「リラックス」「体力強化」

の3点かと思います。

呼吸により内臓や体調を整え、リラックスすることにより、日頃のストレスを解消し、体を鍛えることにより、体力を強化する事が出来ます。

継続することで効果が表れるのに、たかだか数カ月で効果を期待した私が間違っていたのです。

結局アトピーは病院に行き、塗り薬を処方され、半年苦しんだ症状は1か月で治ってしまいました。

再発が嫌なので、一生懸命運動を始めたわけです。

ヨガと太極拳は、結局止めてしまいましたが、健康法は継続していきます!!


p.s.

私がアトピーを再発した理由は、「ストレス」と「放射能」と自分の中で結論付けていましたが(2chでアトピーが酷くなった方々が大勢いた為)、この2点に、「黄砂」が追加されるのでは?と思っています。

アトピーが酷い方は、4月から6月くらいまで、マスクをすることも対策の一つではないでしょうか?(ほこりや花粉を吸い込みにくくなりますし)


毎日応援ありがとうございます^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

運動3

私が行っている運動の一つに

”入浴”

があります。

えっ?!入浴??

と思われるかもしれませんが、

”湯船に使っている時も、汗をかいている”

という理由から、私は入浴を運動の一つと考えています(笑)

入浴の効果は、

疲労回復
冷え改善
ストレス解消
リラックス効果
ダイエット効果
水圧効果
温熱効果
浮力効果
等々

様々な効果をもたらしてくれます。

入浴を習慣付けすることにより、基礎体温が下がりにくくなり、日々の疲労やストレスを解消してくれることでしょう。

寒い時期だけでなく、暑い時期はぬるめのお湯での半身浴にしたり工夫すれば、毎日の入浴は可能です。

健康の為の入浴!!

と考えて入浴しています^^



応援ありがとうございます^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

運動2

私の運動目的は、

一.体力強化及び、冷えとり

一.アレルギー体質の改善

一.ストレス解消


です。

運動目的についてですが、

”体力強化及び、冷えとり”は、基礎体温を上げることにより免疫力を高め、病気になりにくくし、筋力を付けることにより基礎体温も上がり、血液の流れが良くなり、体内の余計な水分も排出することが出来ます。

”アレルギー体質の改善”は、アレルギー体質の患者の多くは内臓が強くないと言われています。食生活を変えることに加え、内臓を運動によって鍛えることにより、更なる効果をあげることが出来ます。

”ストレス解消”は、体を動かしたり大声を出したり、大きな声で笑うことによって、私の場合は大きな効果をあげています。好きな事に没頭することがストレス解消になる方もいらっしゃると思いますし、自分にあったストレス解消法を探すことも効果があるかもしれませんね^^


私が行う日々の運動メニューは、

1.出社前に、約15分の血管マッサージ  
  + 約3分の足裏マッサージマット踏み

2.昼休みに、3階建物にて階段登り降り10往復
  + 腕立て、腹筋、スクワット

3.15分以上の入浴

4.入浴後、ストレッチ


です。


別段、自慢するほど大げさな運動はしていません(笑)

昼休憩時、階段登り降りの代わりにサッカーをすることもあります。

運動が苦手な方でしたらウォーキングも良いですし、帰宅時間が遅い女性で外出がキビシイ方でしたら、

踏み台昇降運動

がおすすめです^^

踏み台昇降運動?!と、なめてはいけません(笑)

自宅の段差で15分ほど踏み台昇降運動してみてください。うっすらと汗をかいているはずです。

下半身の筋力アップに持ってこいですし、高価なダイエットマシンなど、全く必要ないことがわかりますよ^^

次回に続きます。




応援ありがとうございます^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

運動

自分自身の基礎体温を知っていますか?

いきなりの質問ですみません(笑)

私の基礎体温は現在、36.5度です。

1年くらい前は36.0度前後でした。

これから、私が実践している健康法の運動について書いていきたいと思います。

さて、なぜ基礎体温の話から始めたかというと、病気や不調は筋力の衰えによる

「冷え」

が原因だったという説があるからです。

ここで前置きしておきますが、絶対効く!とか絶対治る!とは断言しません。私は物事には絶対はないと思っていますし、人の体も千差万別。合う合わないがあるはずです。

そういった点を踏まえながら参考にしていただければ幸いです^^

私が参考にしているのですが、



という本があります。

コンビニでも購入出来ると思うので、立ち読みして気にいったら参考にしてみてください(笑)

かつて日本人の平熱は36.5度前後で、著者のクリニックに来る患者で36.2度以上の体温の方が、ほとんどいないそうです。

冷えはさまざまな体調不良の原因となり、体温が1度下がると人間の免疫力は30%以上低下し、メタボリックシンドロームや生活習慣病にも悪影響を与えるとのことです。

筆者は「がん」と低体温の関係についても疑問を持ち、35度でがん細胞がもっとも増殖することから、基礎体温を上げる大切さを語っています。

基礎体温を上げる為には、「下半身の筋力強化」と「体を温める食事」が大切だともいっています。

健康のブログランキングで「冷えとり」についてのブログも多くありますが、基礎体温を上げ病気に対する免疫力を高めるという点で、方法は若干違いますが、目指すところは同じという訳です。

私はこの本を参考にしながら運動も行い、血液の流れを良くするマッサージも行っています。

次回は、私が行っている簡単に出来る運動についてお話する予定です。




応援ありがとうございます^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

笑う

「笑う」という行動は、簡単でもあり難しいものであると私は思います。

前回の記事では、いつでも大笑いしている私を想像されたかもしれませんが、全然違います(笑)

病状が悪化していた頃は、元気もなく仕事も辞めたいくらいの軽い鬱状態でしたので、とても腹の底から笑える状況ではありませんでした。

実際多くの方々が、つらいことや悲しいことで、笑うことが出来ないかもしれません。

私の病状が一番ひどい頃、藁にもすがる思いで、”とにかく作り笑いでもいいから大声をだして笑ってみよう!”
と帰宅途中の車の運転中に、大声で作り笑いをしました。

1か月程試しましたが、残念ながら効果はありませんでした。

心の底からの喜び、楽しみ、うれしいといった感情から出る「笑う」には、とてもかないませんでした。

健康には、自分自身の体調、感情、体力といったすべてのバランス調整が必要だと考えます。

ですので、作り笑いだけでは効果が薄かったのかもしれません。

ただ、大きな声を出すことはストレス発散になるようで、作り笑いでも元気は出るようになりました。

もし、「笑う」余裕がない方は、大きな声で作り笑いをしてみたり、大声で歌ってみたりしてみてください。

お腹が良く動いて、内臓が鍛えられていることがわかるはずです^^

内臓を鍛えることで、アレルギー症状を緩和出来ることもあるそうです。

多くの方々が「心の底から笑う」ことが出来れば、きっと平和な世界になると思うんですけど^^




応援ありがとうございます^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。